忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2017/08/19 22:10 | ]
伊豆 稲取への旅「浜の湯」②
2日目は伊豆の稲取の宿「浜の湯」さんへ。

ここは前から、気になっていた宿で、行ってみたかった所。


口コミ人気も高いのですが、正月は外したので予約できました。

e8b04b9f.jpg





























露天風呂凄い、料理は食べきれない、(食べたけど)、サービス良し、

我が家にしては初めての豪華な宿でしたが、本当に値段以上の料理とお風呂とサービスでは
ないかと思います。
是非伊豆の旅行を計画している方は、オススメします~!

お迎えから、仲居さんがついてくれ、荷物をもってくれますが、
それを振り払って貧乏性な我が家の息子たちは自分で持ちます(笑)

その後部屋でお茶を入れてくれるのですが、あ~そうだっ、チップとか!いるんだよねきっと・・
慌てて紙に包んで慣れない動作でチップを渡すと・・・

私は結構です~(この人はポーターだったのね)
次に来る仲居さんに・・・と言われ
ドテッ(^_^;)

こんな旅館は慣れてないからねぇ・・・

47c8ff00.jpg






























夕食・・食べるお宿のネーミングのこ゜とく、
ゆかりさんという仲居さんが流れる様な綺麗な動作で、並べてくれます。

アワビの酒蒸し、金目鯛の姿煮、白いご飯をもらいます。
金目鯛の煮付けが絶品、「穴子釜飯」になるとお腹が一杯だったけど、味付けが絶品ですべて頂きました。
朝食でも船盛りが出るんです。


夜の真っ暗闇での露天・・

海、島、月、星だけ。ちょっと怖い。
空だか海だか、お風呂だか境界線がない位の非日常

湯上り処の麦茶も嬉しい


客の喜ぶサービス、落とし所をしっている(笑)

朝は頑張って日の出を見るために一人早起き。
露天から初めて見る日の出。ちょっと感動・・・


社員教育が行き届いているという宿の印象。
昔はあまり好きではなかった、日本旅館独特のおもてなし。
ゆかりさんが、見えなくなるまで手を振ってくれ、今回はこういう日本ならではの旅館の良さを感じました。

その後は稲取港での朝市へ行き、ひもの等購入。

また行きたいよ~!!頑張って働いて、浜の湯貯金コツコツためよ~♪

 
PR



[ 2012/01/10 23:03 | Comments(2) | TrackBack(0) | 旅行 ]

トラックバック

トラックバックURL:
1. posted by 桜子  2012/01/12 09:53
わー、すごい舟盛り!おいしいに決まってる~ 近いけど泊まりたい。
年末実家帰ったら寒くて、静岡あったかいんだなあ、と思いました。まあ、多摩だからな…。
2. posted by chisha  2012/01/12 22:16
おひさ~!元気してますか?
息子ちゃんを見に突撃しようかと思ったんだけどネ

同じく東京帰ったら寒いと思った!稲取漁港の朝市で買った干物が超ウマかった、
伊豆は気候が良いし魚美味しいしやっぱり良いデスなぁ♪

コメントを投稿する






<< 伊豆 稲取への旅~小田原~③  |  ホーム  |  伊豆 稲取への旅 ① >>