忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2017/10/20 03:01 | ]
テラビシアにかける橋

テラビシアにかける橋を見てきました。

テラビシアにかける橋

妹といったんですが、ドアツードア送り迎え付きでわしゃラッキー♪

学校でもいじめられっこ、家庭でも居場所のない絵を描くのが得意な11歳の少年ジェス

そして、転校生で活発で想像力の豊かなレスリーとの出会いから

二人は森の中に「テラビシア」という想像の王国を作る。

が・・・悲劇が。




ファンタジーなんですが、つらい現実もしっかり描いていて、

ただのファンタジーではありません。お涙ちょうだいでもありません。


後半のある事件から、もう・・涙がでてくるのですが、

それよりも最後のシーン・・ジェスと妹がテラビシアに行くシーンでは

悲しいから、、でもなく・・かわいそうでもなくて・・・涙がとまらない!

なんで?涙がでてくるんだろ?って自分の涙の理由がわからなくなります。

不思議な感動が味わえる作品だと思います。


親子で見てもいいんじゃないかな?

主役の二人・・・レスリー役の子は・・観たことあると思ってたら

゛チャーリーとチョコレート工場゛のガムをかんでた子で

ジェフは゛ザ・スーラ゛(次男の好きな映画です)のお兄ちゃん役の子

二人とも目の演技が凄いっす。


最後にMISIAの歌が流れるかと思っていたら(この為にチケット買っときました)

ながれないじゃ~~ん( ̄ー ̄; 

テレビCMだけのようでした

゛スウィニードット゛か゛アース゛も観たかったけど

でもMISIAに釣られてこの映画観にいけてよかったです♪




その後・・・・

食事して、買い物してブラブラしてたら、

ベビーカーを押す 元モームスの○じちゃん発見!

芸能人には目ざといワタシ・・・

顔小さく、お目目大きく、オーラでてましたよ。♡∀♡
PR



[ 2008/01/31 19:21 | Comments(6) | TrackBack(0) | 映画 ]

トラックバック

トラックバックURL:
1. posted by miyu  2008/02/01 14:32
じゃあそこは妹さんの地元だね。(当然か)
「チャーリー・・・」のガムの子わかった。そうなんだぁ。
「ザ・スーラ」の方はいつものごとく家族が見るのを横から見てるからあんまりよく見てなくてわかんないなぁ。

連れがいないとなかなか映画を見に行くのは面倒。
お迎えつきなら行く気になるよね~(笑)

このテンプレート不思議だね。
2. posted by sissy  2008/02/01 18:28
原作も読んでみたくなりそうな映画だね~♪
>ファンタジーでもなく、お涙頂戴でもなく…
んー、想像中・・・・d(-`ε´-;?)
ETも不思議と涙が止まらなかったけど、そんな感じ?
やっぱ観てみないとわかんないや(A;´・ω・)フキフキ

へぇ~、○じちゃんに遭遇したんだぁ!
ママになってもオーラは消えんのねw
見逃さないchishaも凄い(⌒▽⌒)アハハ!
3. posted by chisha  2008/02/01 22:27
映画好きな人は一人でもいっちゃうよね!
でも封切りになったらスグいかないと・・いつの間にか終わってる(-o-;
見たいのがあったら付き合うよ~♪
4. posted by chisha  2008/02/01 22:40
原作は゛児童文学の金字塔゛と言われている本だそうですよ。

現実とファンタジー。
ウン!ETと通じるものがあるかもしれないネ。
多分sissyも大泣きかと(^.^)
時間があったら是非!
5. posted by 桜子  2008/02/04 00:57
良いんですね~
行こうかな。
私はひとりでも全然行っちゃう派です☆
6. posted by chisha  2008/02/04 14:51
ホントいつも一人でガンガン見に行っちゃうよね?(笑)さすが!
あまり宣伝はしてないけど、これは是非おすすめ♪
゛ウォーターホース゛にガッカリした人が、テラビシア良かった~と聞くし(^.^)
ちょっと納得できない所もあるけど・・切なくて、想像力に溢れた映画です!

この前は楽しかったよん♡
おしゃべりは尽きることはないねぇ~(^.^)

コメントを投稿する






<< 東京湾アクアラインで  |  ホーム  |  MISIAライブ2008~EIGHTH WORLD >>